<03>学校紹介

 

目的に合わせて選べる3つの学科

服飾研究科

専門職をめざして、じっくり学ぶ

デザイナーやパタンナー、MDなどのスペシャリストには、スペシャリストには、3年間でじっくりとスキルアップをはかり、確かな実力を身につけることが求められる時代です。

だから、あせらずに一歩一歩を大切に学んでいく。それが3年制の「服飾研究科」です。

服装総合科

ギョーカイの専門知識と技術を学ぶ

スタイリストとしての個性や感性を身につけたい。縫製技術を徹底して学びたい。販売スキルや経営ビジネスを勉強したい。そんな方は、自分の適性にあった職種をめざせる「服装総合科」に進むとよいでしょう。

アパレル業界の知識と技術をマスターします。

販売速成科

短期間でアパレルのプロになる

ファッションが大好き...。でも、ワタシは何になれるんだろう?そう思っている人は、1年間でファッションとスタイリング、そしてビューティを学ぶ「販売速成科」が最適です。この学科では、適正・必修・就職・コース選択といったすべての授業を1年で学びます。

pagetop

服飾研究科

この学科には、ファッションデザイナー、パタンナー、そしてマーチャンダイザーなどの専門職になるための「コース選択授業」があります。さらに、「インターンシップ」ともいえる「企業実習」が定期的に組み込まれ、本物の業界人になる授業が用意されています。

1年次 2年次 3年次
●基礎コース ●デザイン・縫製コース
●経営・ビジネスコース
●デザイナーコース
●パタンナーコース
●縫製技術コース
●マーチャンダイジングコース
●ショップ経営コース

1年次で学ぶ「特長的な授業科目」(抜粋)

スタイリング

よりよいコーディネートを提案できるよう、ジブン自身をモデルとしてポートフォリオを作成します。スタイリングは、まずジブンから始めます。

パーソナルカラー

ひとりひとりの個性にあった色彩を見つけ出す授業です。肌の色合いや瞳の色などから、似合う色を探し出します。

トータルメイク

ヘアメイクやビューティメイクはもちろん、姿勢の美しさを学ぶウォーキングまでをトータルに身につけます。

2年次で学ぶ「特長的な授業科目」(抜粋)

バイイング(経営・ビジネスコース)

バイヤーの役割を理解し、先見性や感性を養います。また、情報収集に基づいた分析値力も大切な要素です。

イメージワーク(デザイン・縫製コース)

洋服をデザインするには、まずイメージを広げること。そのために、コンセプトの組み立て方や、テーマの決め方などを学びます。

クチュール(デザイン・縫製コース)

ファッション業界には、アパレルとクチュール、2つの世界があります。クチュールの授業では、ドレス製作を学ぶカリキュラムです。

3年次で学ぶ「特長的な授業科目」(抜粋)

デザイナーコース

デザイナーとは、洋服のデザインをする職業です。洋服のデザインには、大きく分けて、アパレルデザイン(既製服)とオートクチュール(注文服)の2つのジャンルがあります。また、特殊な分野として、ディズニーランドやミュージカルなどの衣装を制作する部隊美術があります。

パタンナーコース

パタンナーとは、洋服の型紙を作る職業です。型紙を作る方法には、立体裁断(ドレーピング)と平面製図の方法があります。また、型紙の管理やサイズ展開には、CAD(アパレル用コンピューター)を使用するのが、ファッション業界では一般的です。

マーチャンダイジングコース

マーチャンダイジングとは、アパレルの経営や流通・販売の流れをさす言葉です。その仕事を担うのがマーチャンダイザーやディストリビューターといわれる人たちです。洋服の生産・出荷や在庫管理、顧客や店舗の管理、販売指導など、仕事内容は多岐にわたります。

取得目標資格

  • ファッション販売力検定2級(文部科学省認可)
  • ファッションビジネス能力検定2級(文部科学省認可)
  • 販売士検定1・2級(日本商工会議所主催)
  • 洋裁技術検定中級(文部科学省認可)
  • パターンメイキング検定1・2級(文部科学省認可)
  • カラーコーディネート検定(全国服教連主催)
  • ラッピングコーディネーター(ラッピング協会主催)
  • 色彩能力検定2・3級(全国服教連主催)ほか

pagetop

服装総合科

服装総合科では、ビジネス系の希望者に「経営学」や「ディスプレイ」そして「コーディネート」などを中心とした実践的なカリキュラムを、デザイン縫製系希望者には「アパレル造形」や「パターン実習」「立体裁断」を主とした専門的カリキュラムを組んでいます。

1年次 2年次
●基礎コース ●アパレル縫製コース
●ビジネスコース

1年次で学ぶ「特長的な授業科目」(抜粋)

VMD

顧客の目線を重視した商品構成や、小売の流通システムなどを総合的に学びます。

ヘアメイク

ヘアとメイクは、スタイリストやコーディネーターに必要不可欠な知識と技術です。もちろん、ジブンが美しくなるためにも必要ですよね。

特殊メイク

映画や舞台でおなじみの「特殊メイク」。ヘアメイクからの応用技術でリアルなメイクを習得します。

パターン

平面製図を基本に学びます。洋服の部分的なパーツから始め、スカートやブラウスなどにも応用します。

CAD

パターン授業で身につけた知識と技術をもとに、パソコンでパターンを展開したり、管理することを学びます。

2年次で学ぶ「特長的な授業科目」(抜粋)

アパレル縫製コース

アパレル業界の根幹を担うソーイングスタッフやCADオペレーターなど、洋服製造の専門職を育成するコースです。布地やニット素材の特性と扱い方、ファスナーやボタンなど、付属品の知識、パターンに使用される記号や印など、縫製知識と技術を専門的に学びます。

ショップ・バイヤーコース

バイヤーには、売れ筋を読み、仕入れに対して数字を見極める力が求められます。また、情報収集やトレンドを予測する能力も必要です。この、ショップ・バイヤーコースは、良い服を見出すことに強い意欲があり、結果を得られた時に、大きな喜びを感じられる人に向いています。

スタイリストコース

ひとつのテーマにそったスタイルを決め、アクセサリー・靴・ヘア・メイクなどのトータルスタイリングをプランする力を養うのが「スタイリストコース」です。深いファッション知識を身につけるとともに、カメラマンやモデルとのコミュニケーションに必要な力も、実習をとおして培います。

取得目標資格

  • ファッション販売力検定2・3級(文部科学省認可)
  • ファッションビジネス能力検定2・3級(文部科学省認可)
  • 販売士検定2・3級(日本商工会議所主催)
  • 洋裁技術検定中級(文部科学省認可)
  • パターンメイキング検定2・3級(文部科学省認可)
  • カラーコーディネート検定(全国服教連主催)
  • ファッション色彩能力検定2・3級(日本ファッション教育振興主催)
  • 商品装飾展示作業検定(国家資格)

pagetop

販売速成科

販売速成科には、短期間でプロになるための「即戦力的授業」が盛りだくさん。たとえば、販売スタッフになるための「ファッションビジネス」や「接客シミュレーション」。そして何より、洋服を美しく見せるための「ヘア・メイク」や「ネイルアート」など、充実の内容です。

1年次
●基礎 ●販売ビジネスコース

1年で学ぶ「特長的な授業科目」(抜粋)

販売

シミュレーションショップで行う実践的授業です。挨拶や接客技術を中心に、ロールプレイングで学びます。

ネイル

ネイルアートを中心に、ケアやお手入れからカラーリングまで、トータルに習得します。

縫製

ミシンを使って、簡単な基礎縫製を行います。この適性授業でジブンの中の新しい感性が発掘されます。

トレンド

ショップリサーチのために札幌の中心部へ出かけて授業をします。リアルタイムで流行をとらえる、なくてはならないカリキュラムです。

マテリアル

アパレルでは、素材のことを知らずにオシゴトはできません。だから布のこと、糸のこと、アイロンのことを学びます。

リクルーティング

履歴書の書き方を学ぶとともに、面接のロールプレイングや自己ピーアールなど、入りたい企業にあわせた対策を行う授業です。

販売ビジネスコース

販売やビジネスの検定資格をとって、ファッションアドバイザーやショップスタッフをめざすのが、販売ビジネスコースです。目標とする資格には、ファッションビジネス能力検定やファッション販売能力検定、小売商販売士検定などがあります。

コーディネートコース

ファッション色彩能力検定やAFT色彩検定、ラッピングコーディネーター資格などを取得して、ファッションアドバイザーやショップスタッフをめざすのが、コーディネートコースです。スタイリングやVMDに欠かせない色彩感覚を磨いてセンスアップをはかります。

洋裁技術コース

ファッション用語を詳しく理解し、洋服が作られる工程にも精通することで、ファッションアドバイザーやショップスタッフとして、最上級の接客ができるようカリキュラムを組んでいるのが、洋裁技術コースです。ここでは「お直し」や「服の構造」も深く学びます。

取得目標資格

  • ファッション販売力検定3級(文部科学省認可)
  • ファッションビジネス能力検定3級(文部科学省認可)
  • 販売士検定3級(日本商工会議所主催)
  • 洋裁技術検定初級(文部科学省認可)

pagetop

学校法人宮島学園北海道ファッション専門学校 教職員

  • 法人代表 大瀧 健一
  • 理事長/学校長兼務 山下 彰
  • 学園長 長野 久之
  • 学園グループ本部長 田村 政義
  • 副学校長 長谷川 浄児
  • 教務部長 高野 佐利子
  • 教務 青山 由紀
  • 教務 児玉 祐一郎
  • 教務 市川 沙耶
  • 教務 結城 雅史
  • 総務部長/奨学金担当 竹田 智子
  • 総務/入学事務局 西山 尋美
資料請求はこちら

オープンキャンパス

資料請求はこちら

社会人の方へ

まんがギャラリー

動画コーナー

コンテスト実績

AO入学出願

携帯サイトQRコード

在校生の声

卒業生の声

お部屋探し

地図

札幌市北区北15条西4丁目
Tel:011-736-2121(代)

詳細地図はこちら

pagetop