<01>宮島学園が選ばれる理由

学校が楽しい 宮島学園北海道ファッション専門学校

北海道ファッションの授業は、アパレルデビューをかなえる授業がたくさん揃っているのです。

将来の目標が見つかれば、学ぶことが楽しくなる。そして、自分の専門性を深めて、スペシャリストをめざしてください。

少人数授業なので、やりたいことを個々に学ぶというユニークさも魅力です。

ゼミがあるからデザインに強い

デザイナーを目指すなら、「美学」を学ぶこと。それがイチバン。流行は色あせる......
でも、スタイルだけは不変。

そう言ったのは、ガブリエル・ココ・シャネル。

宮島学園北海道ファッション専門学校の誇る「デザインゼミ」は、ココ・シャネルの言葉どおり、「すたれることのない自分のスタイル」を確立していくためのデザイン研究・実践・討論の場です。

この「デザインゼミ」から、毎年、数多くの優秀なデザインが生まれ、東京・大阪をはじめ、海外でも高く評価されるデザイナーが育っています。

時代の扉を開くために、デザインゼミで実力を磨く

デザインゼミでは、世界最高レベルのコンテスト入選をめざして、次のことを論議しながら学びます。

  • デザインコンセプトの組み立て方
  • プレゼンテーションのしかた
  • グループディスカッションの戦い方
  • 素材の作り方
  • 戦略的なデザイン画の描き方
デザインゼミ担当
学園広報部長 長谷川 浄児

写真:デザインゼミ担当/本校教務局長/長谷川浄児1958年生まれ。札幌西高を経て本校入学。
中国・天津美術大学客員教授などを歴任後、現職につく。

ファッションデザインコンテストにおける生涯受賞歴は27回に達する。テレビ出演多数。

pagetop

プロが教えるから、スタイリングに強い

スタイリストを目指すなら、「美学」を磨くこと。それがイチバン。感性の裏側に、理論があると完璧です。

pagetop

現場で学ぶから、販売に強い

ショップマスタを目指すなら、「美学」にめざめること。それがイチバン。そうだ! 夢を追うお仕事をしよう。

お客様の笑顔のために、実践教室で実力を養う

エムフラ(72-10cm).jpgここは、「もうひとつの教室」

アパレル業界というのはカラダで覚えることがとても多い業界です。

例えば、接客するときどこに立っていればよいのか?

どのタイミン グでどんな内容の話しをすればよいのか?常に「リアル」を感じることが大切です。

もちろん、実際のショップと同様、季節により置いている商品も変わり、ディスプレイも変わります。

学内にシミュレーションショップを設置し、1年を通じてショップがどのように動いているか学べる、宮島学園北海道ファッションの考える「新しい教室のカタチ」です。

接客術の基礎/販売のお仕事で一生ものの「生きる技術」
  • 健康とはつらつさ
  • みだしなみ
  • 笑顔
  • あいさつ
  • 接客の基本用語
  • 敬語
  • 指示を受ける
  • やる気をみせる

以上の8項目を身につけたら、接客・販売はだいじょうぶ!

お客様に接するお仕事は、基本が大事なんです。

資料請求はこちら

オープンキャンパス

資料請求はこちら

社会人の方へ

まんがギャラリー

動画コーナー

コンテスト実績

AO入学出願

携帯サイトQRコード

在校生の声

卒業生の声

お部屋探し

地図

札幌市北区北15条西4丁目
Tel:011-736-2121(代)

詳細地図はこちら

pagetop